「Made in Spain」スペインファッションブランド 

2020年初旬の最新グローバルブランドのファイナンスレポ―トに、世界で最も価値のあるブランドがリストアップされた。顧客のニーズを予測し、ソリューション提供を突き進め、将来の成長が保証、期待されるブランドである。その中に7つのスペイン企業がランクインしていた。

分野別にみると、Zara, El Corte Inglés(百貨店), Massimo Duttiといったファッションブランド、そしてSantander, BBVAなどの大手銀行が目立った。

今回はスペインで製造された製品 Made in Spain(メイド・イン・スペイン、スペイン製)について着目し、中でもファッションブランドに特化してご紹介していきたい。

スペイン製と言えば、世界でどの様なイメージを抱かれ、評価されているのだろうか。

オリジナリティ溢れる斬新なデザイン、綿などの天然素材を使用した高品質の衣類や持続可能な生産を目指すブランドなどが特徴として挙げられるのではないだろうか。

数あるスペインブランドの中でもZaraを代表とするInditexグループ率いるファーストファッションは、現地で根強い需要があり、世界的にそして日本でも既に馴染みのあるブランドであることは言うまでもない。

アパレル市場でいえば、現在のスペインはハイストリート、大型チェーンブランドでファッション業界を賑わせているが、アメリカに次ぐもしくは勝るほどの市場規模といえるかもしれない。価格帯もプチプラな洋服も多く、欧州内でも比較的物価の安いスペインは、旅行客のお財布にも優しいのである。

そんなInditexグループの中でも日本に未だ上陸していないブランドやその他類似したスペイン人気ブランドが幾つもあり、現地でのショッピングは旅の醍醐味の一つとなっている。

一方、革のブランドとしては圧倒的な知名度と人気を誇る高級ブランドLOEWEロエベは、1905年に王室御用達の称号を預かり、スペインブランド最高峰として飛躍を遂げた。時を経て現在ではLVMHに買収されるもののその豊富な資金と資源を有効活用し、新鋭デザイナーを起用することで更なる改革が図られ、成長し続けている。

しかし、ロエベの真の価値を生み出したのは、1846年に工房を立ち上げ、スペイン屈指の皮革職人の技であり、一切妥協を許さない厳選された最高級の素材が織りなすクオリティーの高さであることを忘れてはならない。

そして、近年注目を集めているのは、サステナビリティブランドや素材である。欧州の中でもひと際環境問題に関心を寄せるスペイン、特にこれからの世代を担う若年層にとってこのテーマは極めて重要であり、必要不可欠なのである。

例えば、「ECOALF」は、スペイン生まれのサステナブルファッションブランドである。すべてのアイテムを再生素材や環境への負荷が低い天然素材のみで製造・販売し、現地スペインではもちろんのこと日本へも上陸し少しずつ注目を集め始めている。

ファッション産業が世界の天然資源を大量に使用し続ける状況下で、ペットボトルなどを独自の技術でリサイクルすることによって生地を開発し、新たなコレクションを生み出している。また、海洋ゴミを回収・分別・再生し、新製品を生み出すアップサイクリングなプロジェクトも推進している。こういった地球環境を守るために服をつくる、という新たな発想は、これからのファッション業界をきっとリードしていくであろう。

また、ベビー&子供服ブランドに関してもMade in Spainは充実しており、王室御用達ブランドの『Nanos』ナノスから、ビタミンカラーを使用したポップでスタイリッシュな『Tiny Cotttons』タイニー・コットンズまで、特徴的なブランドが揃っている。さらに、Gocco, neck&neck, Bóboli , Pisamanos やMayoralにおいては、デジタル化を積極的に受け入れた世界展開を試み、着実に顧客を増やしているのである。

さらに、ブライダルやプレタ・ポルテにおけるスペインブランドは非常に興味深く、最も魅力的な分野であることは間違いない。ブライダル業界においては欧州はもちろんのこと、世界的にも注目を浴びる展示会、市場として年々認知度が高まっている。パイオニア的存在のハイセンスなファッションもあれば、熟練した職人技とディテールに拘りを持つブランド、流行に左右されずに繊細、優美を追求するもの、縫製技術が高く、世界観があるブランドなど多種多様である。

プレタポルテに関しては、植物性由来100%生分解性素材を使用、地球温暖化などの環境問題を意識したサステナビリティ・エシカルファッションが際立つ。いずれにしても共通して言えることはそれぞれのブランドの伝えたいメッセージがはっきりしていることである。

今後、上記のブランドがどう発展していくかに注目していきたい。一方で、まだ知られていない将来性のあるブランドが今後もどんどん出現していくはずある。枠にとらわれない奔放な想像力と革新的な技術を融合し、今後もスペイン製品の行方には目が離せない。

国際ビジネス部門